文字サイズ標準大きく

☆★☆注目トピックス☆★☆
bg

「くまもと食べきり運動」

1「くまもと食べきり運動」
 農林水産省・環境省の推計(平成27年度推計)では、日本全体で年間2,842万ト
ンの食品廃棄物が発生し、このうち646万トンが食べられるにもかかわらず食品が廃
棄される『食品ロス』とされています。(国連世界食糧計画(WFP)の食糧援助量(平
成27年で年間約320万トン)の約2倍に相当。)。
 この食品ロスの削減を促進するため、宴会が多く開かれる忘年会・新年会等の時期
に、『九州食べきり協力店』等の協力も得ながら、宴会等での「食べきり」を目指し
ますので、県民の皆さんの御協力をお願いします。

◎「くまもと食べきり運動」では、宴会における食べ残しを減らすために次の
 1〜4について実践を呼びかけています。
実践1)乾杯後できれば30分(せめて15分)と、終宴前の10分程度の間は
料理を楽しみましょう。
実践2)お皿に料理が一つだけ残る「肥後のいっちょ残し」はしない。
実践3)苦手な料理は、食べられる人に譲りましょう。
実践4)心をこめて料理を作った人に感謝の気持ちを感じて。
※食べる量は十人十色。体調や体質にあわせてご協力ください。完食は強制ではあ
りません。
※1は『3010運動』と呼ばれ、会食や宴席での食べ残しを減らす運動として、全国
的にも取り組まれています。

◎今回、「くまもと食べきり運動」の一環として、『宴会の案内状(ひな型)』と食
べ残しを減らすための『幹事向け宴会シナリオ』を作成しました。
 宴会での食べ残しを減らすためには、幹事さんの役割が重要です。皆様の職場、地
域等での忘年会・新年会での「たべきり」に向けて、是非ご活用ください。
↓詳しくはこちら
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_17732.html

bg

「くまもと冬のライトダウン」を実施します!

家庭の電気を消灯・減灯することで、ライトアップに馴れた県民一人ひとりに対
して、日頃いかに、照明を使用しているかを実感していただき、日常生活の中で温
暖化防止・省エネを実践するきっかけとしていただくことを目的に実施します。
日時:平成30年12月25日(火)クリスマスの夜の10分間
     家庭での消灯・減灯をよろしくお願いします。

bg

ストップ温暖化!総ぐるみBDFキャンペーン(県環境立県推進課)

ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進会議では、BDF(バイオディーゼル燃料)
の普及促進を図っており、この一環として、BDFの原料となる天ぷら油の回収強化
等を行う「ストップ温暖化!総ぐるみBDFキャンペーン」を実施しています!
キャンペーン中(平成30年12月3日(月)〜平成31年1月31日(木))に天
ぷら油を市町村の回収場所にお持ち頂くと、先着で「くまモンクリアファイル(限
定品)」をプレゼント!
回収場所、回収方法、クリアファイルの配布状況等につきましては、お住まいの
市町村にお問い合わせください。
↓詳しくはこちら
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_21922.html

「くまもとらしいエコライフ宣言」でエコライフを実践しましょう!

 県民一人ひとりの生活、個々の事業所の事業活動のなかで、無理なく可能な取組みを宣言しましょう。そして、実際やってみましょう。

 宣言したことに取組むことで、地球温暖化防止などの環境改善につながります。

 宣言した内容は、「くまもとらしいエコライフ宣言書」としてダウンロードできます。常に目に付くところに貼ったり、持ち歩いたりして取組みに役立ててください

COOL CHOICE
くまもとらしいエコライフ宣言をすることで、環境省が展開している地球温暖化のための国民運動「COOL CHOICE(賢い選択)」にも賛同したことになります!
上へ戻る